2013 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 03





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Happy Birthday dear Xecty ①

先日、オートンさんからツイッターのDMが届きました。
10月1日はゼクティさんの誕生日だから、サプライズパーティーをやろうと。
どうやら、ミルリさんというゼクティさんのフレンドさんが企画して、
オートンさんに持ちかけたみたいです。


主な内容は・・・

誕生日プレゼントをみんなで用意する。
誕生日当日の少し前に、他の3人がゼクティさんを連れてボスに行き、
他のみんなは内緒でゼクティさんの家に待機。
ちょうど日付が変わったころにボス組みはお開きにして、
ゼクティさんが家に帰ってきたらみんなでいっせいに
「おめでとう!」と言ってびっくりさせる。

といったものです。

なかでも、この誕生日プレゼントというのがすごいです。

ゼクティさんがドレスアップ用に欲しいと言っていたウサ耳
(これはバザーで買うものですが)

そしてもうひとつの今回の目玉は「きじゅつしシリーズ一式」。
これはただのきじゅつしではありません。
みんなで分担して星3のものを作り、
ゼクティさんの前でさらに錬金をするというものです。

完全オーダーメイドです!

ドラクエブログを色々と読んでいてわかる人もいると思いますが、
オリジナルシックスといったプランさんたちの話のように、
誰かのために装備を手作りで用意するといったことに、
私は非常に憧れていました。

いつか私もその輪の中に入りたい。

ずっとそう思っていたので、
今回の話は私としてもとても嬉しかったしわくわくしました。


こういった経緯があったのと、
ゼクティさんにはドラクエやらイラストやらモンハンやらで、
いつも本当にお世話になっているので、
この話を聞いたときは全力で参加を表明しました。

ただ、ちょっぴり不安な面もありました。
オートンさんが言うには、
人数の関係でちょうど5人ずつ裁縫と錬金がいるから
ミドリさんはサブの裁縫できじゅつしのズボンをお願い、とのことでした。

私は現在ツボ錬金をやっていて、サブで裁縫をやっています。
ただ、このサブはほとんど使っておらず、裁縫の腕前は素人同然です。

ツボだったらレベル40で生きる伝説(←自慢)だから
私の力が思う存分発揮できたのになぁ
(←ツボは運要素が強いので上手いとか下手とかあまり関係ないかも)

まあでもメンバーの都合だからしょうがないか。



というわけで、さっそく裁縫に取りかかってみました。

100101.jpg

初公開のイケメン魚、ドールです。

人形を手作りで作ってプレゼントしたい。
その思いだけで作ったサブキャラです。
名前もそのまんま、ドール(人形)です。

彼は人形を作るときしか活動しないので、
レベルも低く装備も低レベルのものです。
(結晶用じゃなくて普通にガチ装備)


裁縫はほんとに下手くそで、ギルドの依頼すらこなしていない彼。
人形しか作ってないけど、毎回冷や汗をかきながら作っている彼。
でもレベルは30。
(人形は30からしか作れないので無理やりあげた)

そんな彼に重大な任務が舞い降りてきました。


まずはレシピを買うところから始めます。
そして星3がでるまでどれくらい縫うことになるか分かりませんが、
とりあえず5回分の素材を用意して、いざ勝負!

・・・と意気込んでみたものの、
ネットを調べてみると基準値と縫い方が書いてあるのを見つけました。


1回目
書いてあるとおりに縫えばすぐ星3なんてできるよね。
余裕。余裕。
そう思っていたら順番を間違えて縫ってしまいました・・・

結果は「星なし」
途中から自分で適当に縫ったら赤くなってしまい、
もしかしたら成功すらしないかも、と思ったらなんとか物自体はできました。


2回目
さすがに同じ間違いは二度は起こしません。
慎重に、念を入れてぶつぶつとひとり言を言いながら縫います。
ただ、縫い方が書いてあるといっても縫う数字自体はランダムだし、
また「ここは臨機応変に」みたいなことも書いてあったりで、
やっぱり素人がすぐに大成功できるようなものではありません。

結果は「星1」
うーむ、難しい。


3回目
少し慣れてきました。
「臨機応変に」とあるところも、その言葉の意味が少しわかってきました。
何回か会心がでてぴったり縫えたとこもありました。
大きな失敗もしませんでした。

結果は「星2」
素人の感覚で言えば、星2でも上出来!と思いきや、
裁縫は大成功(星3)が当たり前。
星2までは原価割れで赤字という恐ろしい世界です。
自分を戒めて次へ。


4回目
慣れてはきたものの、
やっぱり先を見越した調整というレベルにはまだまだ至っていません。
ただ、今回は運がよかった。
本当に運がよかった。
キュイーン、キュイーン、と会心がばんばんでます。
これは絶対にはずせない!
慎重に慎重を重ね、手元のメモと照らし合わせ、
どきどきしながら縫いました。

そして、結果は・・・

「大成功!」

あのいつものファンファーレが聞こえてきました。
この音がこんなに嬉しく聞こえたのは初めてです。
画面ではドールがガッツポーズをとっていますが、
私も同時にガッツポーズをとっていました。

よかった。本当によかった。
正直、何十着も縫う覚悟をしていたので、本当にほっとしました。

これでなんとか私の担当の服を用意することができました。


ちなみに、
「4着で星3できたよ!」
ってオートンさんに言ったところ、

「初めてにしては上出来じゃん!」
ってほめられるかと思いきや、
「俺は一回で大成功だったもんね^^」
と言われました。

くっ・・・



まあそんなこんなで、
ゼクティさんのサプライズパーティーの前準備は終わりました。

一気に書くつもりでしたが、
長くなってしまったので、今日はこのへんで。

続きはまた今度書きます。

それでは、また~




クリッククラプトン
banner3-2.jpg
スポンサーサイト
[ 2013/10/01 ] イベント | TB(0) | CM(8)

サブキャラの顔初めて見たわw
裁縫で☆なし作るとか本当に素晴らしい腕前をお持ちですね(^_^)
いっぱつしあげでもなかなか☆なしなんて作れないですよ、本当脱帽です、ハイ(^_^)
[ 2013/10/02 08:11 ] [ 編集 ]

未だに色々な謎が解けて居ない わたしが通ります。 ( こっそり。 )

裁縫の☆3とか、本当に難しいですよね…!
当たり前のように縫える方は本当に尊敬します。
こんな経緯が有ったのだなぁ… なんて しみじみしつつ、
次回も楽しみにして居りますね。(笑)
[ 2013/10/02 16:12 ] [ 編集 ]

ミドリさんのサブ、都市伝説の類いだと思っていたら実在したんですね!
[ 2013/10/02 18:44 ] [ 編集 ]

おーとんさんへ

ぐぬぬ・・・
わ、わたしだって本気だせば裁縫なんてすぐにSSまでいけるしっ!(伝説と言わない謙虚な姿勢
[ 2013/10/03 10:34 ] [ 編集 ]

ぜくちゃんへ

他の人も書くだろうけど、ぜくちゃんが知らない裏側が書けたら面白いかなって思ったんだ~。
裁縫難しすぎるよー!
いちいちメモに一回一回数字書いて計算してるからすごく時間かかるし、終わった後はげっそりするよw
[ 2013/10/03 10:36 ] [ 編集 ]

しょうじさんへ

えっ。今まで私のサブってほんとはいないもんだと思ってたの?w
[ 2013/10/03 10:38 ] [ 編集 ]

すごい!こういうの考える皆さんって素敵です。
チムメンに誕生日の子がいて、爪造ってAちゃが錬金つけてプレゼントしました。★2の大失敗作だったんですけど(´・ω・`)

ゼクティさんをゼクシィさんと勘違いしてて、ぐぐっても結婚情報ばかり。
先程ようやくゼクティさんのブログに辿り着けました。
[ 2013/10/04 17:38 ] [ 編集 ]

彩さんへ

ゼクシーさん笑ったw

自分が欲しいそれなりにいい装備ってさ、自分で作ったり錬金すると失敗することもあるし、結局バザーで出来たのを買ったほうが安くつくって場合が多いけど、今回みたいにみんなで作ってプレゼントしたものは、例え失敗したものでも思い出に残るし、作るほうも楽しいしもらったほうも喜んでくれてると思う。
またこういうこと出来る機会があるといいね~!
[ 2013/10/05 10:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://subetegaogako.blog.fc2.com/tb.php/105-3ae537b5






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。